No.223 鉄砲垣、四ツ目垣の作り替え工事(竹垣)

No.223 鉄砲垣、四ツ目垣の作り替え工事(竹垣)

横浜市金沢区M様邸
【依頼内容】
鉄砲垣、四ツ目垣の作り替えのご依頼でした。
【造園後記】
玄関脇の袖垣の鉄砲垣が良いアクセントになりました。四ツ目垣も素朴で、道行く人々も楽しめることでしょう。
 
 

 

No.222 天然竹の藤棚作り替え工事

横浜市金沢区S様邸
【依頼内容】
古くなった藤棚の作り替えのご依頼でした。
【造園後記】
ひのき柱の合わせ部分も丁寧にあわせヒカリツケをしています。
やはり天然の竹は良いですね。日本の美しい景色を残していきたいです。
 
 

No.220 阿弥陀垣・宮川竹塀・木戸、作り替え工事(竹垣)

横浜市金沢区Y様邸
【依頼内容】
当社にて10年前に作成した、竹垣の作り替えでした。
【造園後記】
10年前作成した時とは、少し高さの寸法を変えて、暮らしやすいようにしています。
玄関前の阿弥陀垣は訪れる人々の目を楽しませることでしょう。
 
 

No.219 阿弥陀垣の作り替え(竹垣)

横浜市磯子区K様邸
【依頼内容】
以前作成した袖垣の作り替えのご依頼でした。
【造園後記】
現代住宅にも合う、阿弥陀垣でご提案させて頂きました。
 
 
 

No.205 鎌倉 松原庵 竹垣作り替え工事

鎌倉市松原庵様
【依頼内容】
古くなった店舗外回りの竹垣の作り替えのご依頼でした。
【造園後記】
開店から十数年経過し、有名店になり大変賑わうお店になりました。入口は人目に付き、松原庵の顔ですので、今回のリニューアルで更に引き締まり、お客様にも喜んでいただけることでしょう。古都鎌倉の街並みにも溶け込む景観になりました。
 
 

No.200 感通寺 大徳寺垣 竹垣 工事

新宿区感通寺様
【依頼内容】
当社にて普段から管理させていただいている、新宿 感通寺にて、格式の高い大徳寺垣で庭の仕切りを作りたいとのご依頼でした。
【造園後記】
現代では大変手間が掛かる竹垣の為か、ほとんど見られなくなった大徳寺垣。
しかし竹を無駄なく使うエコな竹垣で、この素晴らし技術を伝えていきたい気持ちと、
お寺の格式の高い庭空間に合うということで、ご提案させて頂きました。
ご覧のように、遮菽垣の効果がとても良く分かる、庭を引き立てる竹垣になりました。

No.197 現代風竹塀(竹垣・竹フェンス)

鎌倉市K様邸
【依頼内容】庭の背景となる竹塀と既存デッキの補修のご相談でした。
【造園後記】
現代住宅にも違和感なく溶け込み、鎌倉の街並みにもマッチする竹塀をデザインしました。シンプルであっさりとした塀が庭を一層引き立ててくれます。
 
 
 

No.191 建仁寺・金閣寺垣作り替え工事(竹垣)

藤沢市W様邸
【依頼内容】
当社にて10年前に作った竹垣の作り替えのご依頼でした。
【造園後記】
一昔前までは、一般の住宅にもこの様な素朴な風景がありました。今ではあまり見かけなくなりましたが、天然素材の塀は玄関周りを素敵に演出してくれます。この様な街並みを残して行きたいですね。
 
 

No.184 阿弥陀垣(竹垣)

鎌倉市M様邸
【依頼内容】
数年前の作庭時に既存の塀を残したが、強風で倒れた為に新たに塀の作り替えのご依頼でした。
【造園後記】
お寺の山門の脇なので、阿弥陀垣の屋根の仕上げは格式の高い瓦ぶき仕上げとしました。多くの観光客も見学し、近隣の方々にも楽しんで頂いております。周りの景観に溶け込む様な、街並みを考えた庭空間つくりが大切ですね。お寺の山門の脇なので、阿弥陀垣の屋根の仕上げは格式の高い瓦ぶき仕上げとしました。多くの観光客も見学し、近隣の方々にも楽しんで頂いております。周りの景観に溶け込む様な、街並みを考えた庭空間つくりが大切ですね。
 

No.183 まいど maido 金沢文庫店 新店舗の外部空間

横浜市金沢区まいど様
【依頼内容】
金沢文庫で二代に渡り、地元で愛され続けて来た串焼きmaidoの新店舗の工事にあたり、外部空間全てをお任せ頂きました。
【造園後記】
こだわりの庭つくりを展開している当社に、施主様からご依頼を頂きまして全てお任せでしたが、旧店舗で長年愛用された踏み石と水鉢を再利用のご希望をプランに取り入れました。長い距離の店舗入り口へ向かうアプローチは大谷石を敷きモダンで柔らかい質感に仕上げ、お店の看板(門柱)は版築土塀とオリジナルアイアンサインでポイントにしています。住宅地の店舗の為、隣家との目隠しの竹垣や客席から見える庭部も、駅前とは思えない贅沢なゆったりとした時間が流れます。こだわりの食材とこだわりの庭のコレボレーションを是非体感しに来れれては如何でしょうか。
 

庭づくり・管理、大小に関わらずお気軽に
お問い合わせ (inquiry)
庭づくり・管理、大小に関わらずお気軽に
お問い合わせ
電話をかける